ターキッシュアンゴラの特徴

ターキッシュアンゴラのカラー(毛色)

以下はCFAのBreed Standardを基本にしたものです。詳しくは原本をご確認ください。

2008年のスタンダード改定により、「すべてのカラーを等しく評価しなければならない」という記述が追加されました。 ターキッシュアンゴラの毛色は「ホワイト」と思われることが多いのですが、実際には様々なカラーが認められています。

CFAで認められていないカラーは、サイアミーズ(シャム)やヒマラヤンのようなポイントカラーとラベンダーやチョコレート色です。

■ ソリッド

全身が一色です。

  • ホワイト:純白
  • ブラック:濃い、石炭のような黒
  • ブルー:明るいブルーが好まれる
  • クリーム:縞の無いクリーム色一色。明るい色が良い
  • レッド:縞の無い深い色合いの鮮やかな赤

■ タビー(縞模様)

クラシックタビー(渦巻き模様)、マッカレルタビー(縦縞模様)、スポテッドタビー(斑点模様)があります。女の子で、レッドやクリームが混じると、パッチドタビーとなります。

  • シルバータビー:地色は薄いクリアな銀、模様は濃い黒
  • レッドタビー:地色は赤、模様は濃い赤
  • ブラウンタビー:地色は明るい茶(銅)色、模様は濃い黒
  • ブルータビー:地色は青みがかかった象牙色、模様は濃いブルー
  • クリームタビー:地色は薄いクリーム、模様は濃いクリーム
  • カメオタビー:地色はオフホワイト、模様は赤
  • クリームカメオタビー:地色はオフホワイト、模様はクリーム
  • ブルーシルバータビー:地色は薄い青みがかった銀、模様は濃いブルー
  • タビーアンドホワイト:タビー模様に白斑が入る

■ トーティシェル(二毛)、キャリコ(三毛)

レッド、ブラック、ホワイトが混じったカラーです。女の子しかいません。

  • トーティシェル:べっ甲模様。レッドのパッチ、またはレッドの部分が混じった黒
  • キャリコ:縞の無い黒、レッドのパッチの入った白
  • ダイリュートキャリコ:ブルー、クリーム、白
  • ブルークリーム:クリームのパッチが入ったブルー

■ スモーク

1本の毛の根元が白で、毛先に行くほど色がついています。ブラックスモークの場合、動かないとブラックに見えますが、動くと下の白の部分が見え隠れします。

  • ブラックスモーク:根元は白、毛先は黒
  • ブルースモーク:根元は白、毛先はブルー
  • カメオスモーク:根元は白、毛先はレッド
  • クリームカメオスモーク:根元は白、毛先はクリーム
  • ブルークリームスモーク:根元は白、毛先はブルーまたはクリーム
  • トーティシェルスモーク:根元は白、毛先はブラックまたはレッド
  • キャリコスモーク:トーティシェルスモークに白斑がはいる
  • ダイリュートキャリコスモーク:ブルークリームスモークに白斑が入る

■ シェーデッド

1本の毛のほとんどが白で、毛先のみカラーがつきます。スモークよりも色の付いている部分が少なくなり、より白っぽくなります。

  • シェーデッドシルバー:毛先のみ黒
  • ブルーシェーデッドシルバー:毛先のみブルー
  • カメオシェーデッド:毛先のみレッド
  • クリームカメオシェーデッド:毛先のみクリーム
  • トーティシェルシェーデッド:毛先のみ黒またはレッド
  • ブルークリームシェーデッド:毛先のみブルーまたはクリーム

■ バイカラー/スモークアンドホワイト

ソリッド、またはスモークと白の2色です。

  • ブラックアンドホワイト:黒と白
  • ブルーアンドホワイト:ブルーと白
  • レッドアンドホワイト:レッドと白
  • クリームアンドホワイト:クリームと白

 

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について