ターキッシュアンゴラの特徴

ターキッシュアンゴラの歴史

以下はCAFのBreed ProfileおよびBreed Articleを基にしています。私のつたない英語力で訳していますので、誤訳、違約がある可能性がありますごとをご了承ください。また、省略されている部分もかなりありますので、興味のある方は、原本をご確認ください。ここでは前年度のブリード1~3位のターキッシュアンゴラの写真を見ることもできます。

ターキッシュアンゴラは、タタール人がマヌル猫(長毛猫の祖先と考えられているワイルドキャット)を飼いならすことによって誕生したと思われる純粋に自然発生の猫です。そして、恐らくヨーロッパで最初の長毛猫です。

1520年、ヨーロッパにトルコのアンカラ(旧アンゴラ)から白い長毛猫が連れてこられました。

1889年、Harrison Weirは、その著書の中でトップクオリティのターキッシュアンゴラについて「ブルーアイホワイトで耳が完全に聞こえること」と述べていますが、その他にブラックやブルー、スモーク等のすばらしいターキッシュアンゴラもみられると言及しています。

ターキッシュアンゴラはヨーロッパの愛猫家に愛されましたが、やがてペルシャ猫がより好まれるようになります。そのため、ヨーロッパではその存在が忘れ去られようとしていました。

しかし、数匹がトルコの動物園で飼育されていました。アンカラ動物園はトルコ原産の2種類の猫(ターキッシュアンゴラとVAN Kedisi)のうちターキッシュアンゴラの保護のために計画繁殖を開始しました。アンカラ動物園は白猫(ブルーアイだけではなく、ゴールドやオッドアイ)を集め、科学的、遺伝学的に完璧な状態で繁殖を行いましたが、ターキッシュアンゴラが海外に持ち出されることを嫌いました。

しかし、1963年11月にアメリカのWalter Grant大佐と婦人が一組の繁殖用のターキッシュアンゴラを得ることを許され、アメリカでの繁殖計画が開始されました。
雌はアンバーアイの白猫でYildicek、雄はオッドアイの白猫でYildizと名づけられました。1963年5月に彼らのはじめての子猫が誕生します。Grant夫妻は1966年8月に再度トルコに行き、交配可能な別の一組を得ました。

1964年にアリゾナのIvan Leinbach軍曹夫妻が新たなターキッシュアンゴラを得ています。

1965年にMrs. Ray Porterはアンカラ動物園からBelkzarというオッドアイホワイトの雌を得ています。

1970年にドイツとオランダのブリーダーがアンカラ動物園から別のターキッシュアンゴラを得ています。

1975年にニューヨークのTorio夫妻がアンカラ動物園からアンバーアイホワイトの生後6週間の雌を得ています。

1967年7月にGrant夫妻はYildicekとその2匹の娘をCFA Boardに紹介しました。

1970年1月にCFAは猫種として正式にショーへの参加を認めています。

初期のターキッシュアンゴラは全て白猫です。しかし、ターキッシュアンゴラは「白」でなければならないのでしょうか?アメリカでも「白」以外の色を認めるかどうかで大きな議論があったようです。「白」はターキッシュアンゴラの伝統的な色です。それは、最初に紹介された色であり、今でも尊重されています。
しかし、「白」は全てのカラーに対して優勢であり、他の色を隠してしまいます。「白」の因子を持った場合、他にどのような色の因子を持っていても全て「白」猫になってしまいます。
ターキッシュアンゴラという種類を表すのに「白」である必要はありません。実際、白猫同士の交配から、様々な色の子猫を誕生させることができます。

「タイプは色ではなく、美しさの基準(スタンダード)に合っているかどうかで判断されるべきです。」とBarbara Azanと Sandralee RodgersがCFAのBreed Articleの中で述べています。

現在、CFAではラベンダー、チョコレートのように他種との交雑を示す色および、ポイントカラー以外のカラーは全て認められています。


 

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について