猫の毛色の遺伝

まず、遺伝子の最も基本的な話を少しだけ・・・

色々なカラーのターキッシュアンゴラ

猫も人も植物も細胞の中に沢山の遺伝子を持ち、その組合せによって様々な特徴が決定されます。
遺伝子は、通常2個1組で何らかの性質を決めています。これを記号で、AAとかBB、CC…のように表します。
また遺伝子には強いものと弱いものがあります。強いものを優勢遺伝子といい、記号だと大文字で表します。弱いものは劣勢遺伝子で、小文字で表します。優勢遺伝子と劣性遺伝子で1組となった場合、強い優勢遺伝子が勝つことになります。

対立遺伝子の説明

例えば、赤くするか青くするかを決定する遺伝子(A遺伝子)があったとします。
赤くする遺伝子が優勢遺伝子(A)で、青くする遺伝子が劣勢遺伝子(a)だとすると…

  • AAだと赤くなります。
  • aaだと青くなります。
  • Aaの場合は、Aが強いので赤くなります。

遺伝の法則

両親から子供が作られるとき、両親の遺伝子が1本づつに分かれて、子供はそれぞれの親から1本づつの遺伝子を貰って1組とします。
← のように表にしてみるとわかりやすいです。
この例の場合、親が赤同士でも、遺伝子が「Aa」ならば子供の4分の1は青くなることが分ります。

 

では、猫たちの色々なカラーの遺伝について説明してみたいと思います。

「白」の遺伝

「白」の遺伝

「赤」と「黒」の遺伝

「赤」と「黒」の遺伝

「縞」の遺伝

「縞」の遺伝

その他の色の遺伝

その他の色の遺伝


猫のカラー最強のW遺伝子についてはこちらからどうぞ


このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について