猫の毛色の遺伝

白は毛色の最強遺伝子

初期にトルコからアメリカに連れてこられたターキッシュアンゴラたちは全てホワイトのでした。では、どうしてホワイト以外のターキッシュアンゴラが存在するようになったのでしょうか?
「ホワイト以外は認めない」、「他の猫種と交雑してる」などという方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。白猫かどうかを決定するW遺伝子を理解すればそれがわかります。

白猫の遺伝

猫の毛色を決める遺伝子も沢山ありますが、もっとも強い遺伝子は「白猫にする」という優性白色遺伝子(W遺伝子)です。この優勢遺伝子である「W」を一つでも持っていると、他にどんな遺伝子を持っていても、すべて隠して白猫にしてしまいます。下にどんな色の服を着ていたとしても、上に白いコートを着ているようなものです。逆にいえば、色の付いた(カラー)猫は劣勢遺伝子「w」のみ持っているということです。
大人の猫で体のほとんどが白でも体の一部に少しでも色が付いていれば、白猫ではありません。但し、ホワイトの子猫には頭の上に黒い毛が見られます。「キャップ」とか「梵天」などといいますが、これは概ね1歳までに消えてしまいます。キャップが付いているので、ホワイトではない・・・というのは間違いです。

ホワイトの子猫

ホワイトの子猫です。

頭の上に黒いキャップがついています。

 

成長したホワイトの猫

1歳2ヶ月の成長したホワイトです。

頭の上にキャップは完全に消えています。

ほぼ、半年で消えてしまいました。

 

■ 両親とも白猫の場合…

白猫同士の場合1

両親とも優勢遺伝子「WW」を持つ場合

子猫は すべて「WW」 となり白猫です。

 

白猫同士の場合2

両親が「WW」と「Ww」の場合、

子猫は 「WW:Ww = 1:1」 ですが、すべて白猫です。

 

白猫同士の場合3

両親とも「Ww」の場合、

子猫は 「WW:Ww:ww = 1:2:1」 ですが、白:カラー=3:1です。

 

■ 片方の親がカラー猫の場合…

白猫とカラー猫の場合1

両親が「WW」と「ww」(カラー)の場合、

子猫は すべて「Ww」となり白猫です。

 

白猫とカラー猫の場合2

両親が「Ww」と「ww」(カラー)の場合、

子猫は 「Ww:ww=1:1」 で、白:カラー=1:1です。

 

■ 片方の親がカラー猫の場合は…

白猫とカラー猫の場合3

両親とも「ww」(カラー)の場合、

子猫は すべて「ww」となりカラー猫です。

 

以上のように、カラー猫同士から白猫は生まれませんが、白猫同士からカラー猫が生まれることはありえます。

ターキッシュアンゴラは人為的に作られた猫ではなく、自然発生の猫種ですから、必ずWとwの因子が存在します。
白猫ばかりを集めてきちんと計画繁殖を行い、WW×WWまたはWW×Wwとなるようにだけ交配すれば、白猫以外は生まれてきません。
しかし、w遺伝子が消えてしまうわけではないので、両親とも白猫でもWw×Wwの組合せであった場合は、白猫でない子猫が生まれてくることがあるわけです。

ホワイトのママが産んだカラーの子猫例

ホワイトのママが産んだ4匹の子猫・・・

 ホワイト2匹
 シルバータビー1匹
 ブラックアンドホワイト1匹

パパは、ブラウンタビーアンドホワイトです。

 

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について