猫の毛色の遺伝

猫の毛色の基本色は・・・

「白」を別格とすると、猫の基本的は色は「赤」と「黒」の2色しかありません。他にも沢山の色がありますが、これは「赤」もしくは「黒」のベースに他の遺伝子が関係して色々なカラーが表現されているものです。

オレンジ遺伝子の概要

この「赤」「黒」を決定する遺伝子がオレンジ遺伝子(O遺伝子)です。

  • 「O」が「赤くする」遺伝子です。
  • 「o」が「黒くする」遺伝子です。

しかし、このO遺伝子は「O」「o」に優劣がありません。このため「Oo」となると2つの色が混じってサビ(トーティシェル、ブルークリーム等)なります。

また、O遺伝子は性染色体に依存する伴性遺伝をします。このため他の遺伝子とは少し異なった遺伝となります。
雌の性染色体は「XX」、雄は「XY」ですが、O遺伝子はX染色体上にある遺伝子です。雄のY染色体にはO遺伝子が存在しません。このため、雌は「OO」「Oo」「oo」と2個1組でO遺伝子を持ちますが、雄は「O」または「o」でのみ持っています。これにより、雄は赤猫(O)または黒猫(o)となりサビ猫(Oo)は存在しないことになります。サビ猫に体の一部を白くする遺伝子が加わると“三毛”となりますが、雄のサビ猫がいない以上、三毛の雄も存在しないことになります。幸せを呼ぶという“三毛雄”は、性染色体の異常(XXY等)のことが多いようです。

↓ レッドタビーの男の子です。

雄が赤猫の場合1

父猫が「赤」の場合

「赤」の雄の遺伝子はすべて「O」です。

雄が赤猫の場合1

母猫が赤(OO)の場合、

子猫はすべて赤(雌はOO、雄はO)です。

 

雄が赤猫の場合2

母猫がサビ(Oo)の場合、

 雌の子猫は 赤:サビ=1:1

 雄の子猫は 赤:黒=1:1

となります。

 

雄が赤猫の場合3

母猫が黒(oo)の場合、

 雌の子猫はすべてサビ

 雄の子猫はすべて黒

となります。

 

父猫が「黒」の場合

「黒」の雄の遺伝子はすべて「o」です。

雄が黒猫の場合1

母猫が赤(OO)の場合、

 雌の子猫はすべてサビ

 雄の子猫はすべて赤

となります。

 

雄が黒猫の場合2

母猫がサビ(Oo)の場合、

 雌の子猫は サビ:黒=1:1

 雄の子猫は 赤:黒=1:1

となります。

 

雄が黒猫の場合3

母猫が黒(oo)の場合、

子猫はすべて黒猫になります。

 

赤い女の子は、パパ猫が赤で、ママ猫が赤もしくはサビの場合にしか生まれないことになりますね。

雄が黒猫の場合3

母猫が黒(oo)、父猫が赤(O)の娘は・・・

サビ猫です。

 

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について