猫の毛色の遺伝

縞ありか、縞なしか・・・

猫たちをみると、縞模様がある猫(いわゆるトラ猫)とない猫(黒、白黒等ソリッドカラー)がいます。縞にもいくつかのパターンがありますが、とりあえず模様は無視しましょう。縞模様があるかないかだけを考えてみます。

アグチ遺伝子の概要

縞猫かどうかを決定する遺伝子は、アグチ遺伝子(A遺伝子)です。

  • 縞猫が優勢(A)
  • 縞なしが劣勢(a)

すなわち、「AA」「Aa」は縞猫で「aa」は縞なしとなります。

 

両親が縞猫でも縞なしが生まれることがあります

両親が縞猫同士でも「Aa」ならば1/4の確率で縞なしが生まれてきます。しかし、縞なし(ソリッド)同士から縞猫が生まれることはありません。

アグチ遺伝子(AA、Aa)が加わると、
赤猫→レッドタビ-、黒猫→ブラウンタビ-、サビ猫→パッチドタビ-
となります。

 

縞なしと縞あり

縞模様の決定

つぎに、縞模様の種類(パターン)を見てみましょう。日本猫に良く見られる縦縞(トラ・サバ)やアメリカンショートヘアーに代表される渦巻き模様等があります。縦縞をマッカレルタビー、渦巻き模様をクラシックタビーと呼びます。

タビー遺伝子の概要

縞模様を決定する遺伝子はタビ-遺伝子(T遺伝子)です。

  • マッカレルタビー(サバ)が優勢(T)
  • クラシックタビー(渦巻き)が劣勢

「TT」「Tt」はマッカレルタビー、「tt」はクラシックタビーとなります。

 

両親がサバ模様でも渦巻き模様が生まれることがあります

両親がマッカレルタビー同士でも「Tt」ならば、1/4の確率でクラシックタビーが生まれてきます。しかし、クラシックタビー同士からマッカレルタビーが生まれることはありません。

※タビ-遺伝子には、他にTa(ティックドタビー:アビシニアン等に見られる霜降り、優勢遺伝)やts(スポテッドタビー:オシキャット等に見られる斑点模様、劣勢遺伝)などがあります。

 

クラシックタビー例

↑我が家ではめったに出ないクラシックタビーです。

縞猫かどうか迷うときは・・・

アグチ遺伝子が劣勢(aa)のソリッドカラーの場合、タビー遺伝子は隠されます。しかし、なくなるわけではありません。ゴーストタビーとしてうっすら見えることがあります。ゴーストタビーは子猫の頃に良く見られるのですが、ターキッシュアンゴラの場合、ブルーやスモーク等の薄いカラーの場合には大人になっても見られることがあります。

また、“赤”の部分はほとんどの場合縞模様が見られます。遺伝的にはレッドソリッドの猫も、見た目上はレッドタビーに見えることが多いのです。

では、このようなときに、縞猫かどうか(アグチ遺伝子を持っているかどうか)を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、目の周りを見ます。縞猫の場合、必ず目の周りが白く縁取られています。レッドだと少し見分けにくいですが、良く見ると白い部分があります。

また、口元からあごにかけても白く色が抜けます。この部分を見ることで、その猫がアグチ遺伝子を持っているかどうか見分けることができます。

まだ私がキャットショーに行き始めたばかりの頃、我が家で始めて生まれた子猫をエントリーした時のことです。
私はその子をトーティシェル(赤黒の縞なし猫)として出していたのですが、ある、アメリカ人のジャッジから、「これはパッチドタビー(縞猫)なのでカラー変更しろ」と言われたことがあります。
その頃は、猫のカラーのことなど分っていませんでしたので、さしたる反論もできず、変更しないと言ったところ失格扱いにされてしまいました。今なら言い返せるのに・・・とつくづく思います。
確かに赤が多いので、縞っぽく見えますが、どう見ても口元からあごまでバッチリ色が付いていますから。
ちなみに・・・数ヵ月後、大人になったその子を見て、そのジャッジはトーティシェルのまま何も言いませんでしたが・・・

ただし、目元から首までが白いアンドホワイトの子の場合・・・なかなか見分けが難しいですね。

トーティシェル例

トーティシェルです。赤い部分の縞模様は無視されます。

外国人ジャッジにクレームをつけられたのは実はこのアイコちゃん。我が家で生まれた最初の子猫がこの子です。

 

パッチドタビー例

アンドホワイトなので、ちょっとわかりにくいですが、パッチドタビーアンドホワイトです。

ポイントは目の周りがぐるっと白くなっていること。目の横から頬にかけてもはっきり黒い縞模様がみられます。

 

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について