猫の毛色の遺伝

ダイリュート(ブルー、クリーム等)カラーは・・・

ダイリュート遺伝子の概要

ブルー(灰色)の猫が少ないのはなぜでしょう?ブルーは「色を薄くする」ダイリュート遺伝子(D遺伝子)を劣勢で持っている「dd」場合のみ出てきます。「DD」「Dd」の場合は、ダイリュートにはなりません。このため、ダイリュートの猫は出現数が少なくなります。

 

ddのときのみダイリュートカラー

両親ともダイリュートではなくても「Dd」の場合は、4分の1の確率でダイリュートが生まれてきますが、片方が「DD」の場合は、もう片方が「dd」であってもダイリュートは生まれてきません。

ダイリュート遺伝子(dd)が加わることで、
  黒猫 → ブルーに、赤猫 → クリームに変化します。

 

レッドの子猫

レッドの子猫です。

 

クリームの子猫

クリームの子猫です。

レッドにダイリュート遺伝子が加わると色が薄くなってクリームになります。

 

シルバー猫は・・・

シルバー遺伝子の概要

アメリカンショートヘアーに代表されるシルバータビーは、「毛の根元を白くする」シルバー遺伝子(I)遺伝子によるものです。

  • 毛の根元を白くするのが優勢(I)
  • 白くしないのが劣勢(i)

このため「II」「Ii」はシルバー、「ii」はシルバーでなくなります。

 

シルバーカラーの発現

シルバー遺伝子が縞でない猫に加わると「スモーク」になります。(ブラックスモーク、レッドスモーク等)

シルバー遺伝子が縞猫に加わると「シルバータビー」になります(シルバータビー、カメオタビー等)。


 

上(ブランタビーアンドホワイト)にシルバー遺伝子が加わると
下(シルバータビーアンドホワイト)になります。

シルバー遺伝子例


体の一部が白い猫は・・・

アンドホワイト遺伝子の概要

三毛猫や白黒猫等、体の一部が白い猫は「体の一部を白くする」アンドホワイト(S)遺伝子によるものです。

  • 体の一部を白くするのが優勢(S)
  • 白くしないのが劣勢(s)

このため「SS」「Ss」では、アンドホワイトになり、「ss」では白なしとなります。

 

アンドホワイトの発現

体のほとんどが「白」でも、頭の一部や尻尾だけなど体のどこかに色(模様)がある場合は「アンドホワイト」となります。
ただし、シャム猫やヒマラヤンに代表されるポイントカラーはアンドホワイトではありません。
また、CFAにおいてアンドホワイトは四肢の先全てに白がある必要があります。


 

ブルータビーアンドホワイトとブルーソリッド

アンドホワイト例

このページのトップに戻る


トップページ 子猫情報 大人猫紹介 ショー結果 ターキッシュアンゴラについて 毛色について